The most powerful endorphin to relieve your pain. From Columbia, Missouri


by beta-endorphin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:News( 35 )

NY Timesの一面に現在私が住んでいるミズーリ州の郊外Lee's Summit発のニュースがでている。
http://www.nytimes.com/2005/11/07/business/07move.html

記事の内容は、一年中気候がいいカリフォルニアでは、もう家の値段が高すぎて、リーズナブルな家で住めないのでKansas Cityのような、中規模の都市に人口のシフトが始まっているという話。

ここに書いているように確かにグルメな街とかでなく、カルチャーも海岸沿いの大都市ほどはないが、一回慣れると広々としていて、都会の喧騒はなく、本当に住みごごちは最高である。まあこれも好みの問題なのであろうが、、、

今度うつるコロンビアなんかは本当にレイドバックでそのまま引退したくなるようなのどやかさである。

b0007353_33893.jpg

コロンビア(ミズーリ州)で散歩していてたまたま見つけたアサガオ











ちなみに米国での最近の人口動態と、五千万円ほどだせばどの地域でどのような家がかえるかというサマリーまででている。
[PR]
by beta-endorphin | 2005-11-08 03:34 | News
米国である程度生活している人なら誰でも知っているWalMartの日本での苦戦ぶりが米紙で紹介されている。

http://www.nytimes.com/2005/10/29/business/29japanmart.html?adxnnl=1&adxnnlx=1130641593-d9RJL7UxDlXYens8tTKyEA

WalMartは米国で安売りのデパートとして名が通っているが小売業では世界で一番の規模らしい。とにかく安いのでちょっとした家具などを買うのによく使っていたが、あまり安っぽいので家人からWalMartで家具は買うなとお達しが出たばかりである。

日本に関しては以下のようなコメントがでているのが興味深い。

"order-obsessed Japan, with its spotless floors and perfectly arranged displays of everything from fresh tuna to diapers."

order-obsessed: 規則どおりで; 順序正しく[い]; 整然と(した[して]); とにかくなんでもきれいにならんでいないと我慢ができない、、、という感じであろうか、、逆に日本のスタンダードから見れば米国なんかはchaoticともいえるかもしれない。これも日米の文化の違いであろう。


” Japan's notoriously finicky( 好みに非常にうるさい)shoppers”
”But Japan is also one of the world's most impenetrable markets. Its consumers demand high levels of quality and service. ”

そうなのである。日本人はピッキィーなのである。

WalMartは米国でのマーケットが飽和状態で、ビジネスの機会を日本に求めて、西友を通して更なる投資をしているようだが、やはりフランスの小売店であるCARREFOURが日本進出に失敗したように同じ運命をたどるあろう。

日本人は狭い通路がすきなのだ。いくら米国と同じようにスーパーの通路を広げても客はこないであろう。

面白いことに米国でも東アジア系のスパーに行くとなぜか通路が異様に狭いのである。これは日本に限らず東アジア人の好みなのであろう。日本人なのでスーパーに行って通路が狭いほうが不思議と気分が落ち着くのは私だけであろうか、、

WalMartは日本で成功したいのなら林文子さんを雇う必要があるのであろう。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/475050503X/250-7419384-5415465
[PR]
by beta-endorphin | 2005-10-30 12:28 | News

SPI Summer 2005 - Sudoku

日本でこんなパズルがはやっているとは夢にも思わなかった。
ヒューストンの空港でサンダーストームのせいで2時間も飛行機が遅れたので暇つぶしにやってみたら結構面白かった。
http://www.usatoday.com/printedition/life/20050711/d_bottomstrip11.art.htm
日本からの新しい輸入品でクロスワードパズルと並んでUSAToday, New York Post,Washington Post, LA Timesでも毎日出題されているようである。
イギリスでもはやっているようである。
ちなみに日本語だと「数独」となるようである。
[PR]
by beta-endorphin | 2005-07-12 22:48 | News
沖縄には89年から91年まで住んでいたのでゆかりの深い場所である。
今週の木曜日は沖縄の戦災の記念日のようである。NY TIMESに以下のような記事が掲載されていた。糸満ジャーナルというサブタイトルがついている。
http://www.nytimes.com/2005/06/20/international/asia/20okinawa.html?

米軍が進行してくると男性はタンクで引かれて殺されるのでつかまる前に自決しろと帝国陸軍に命令を受けて多くの男女がそうしたようであるが、実際自決に失敗して米軍につかまってみると、武器をもっていないことを確認された後に捕虜にされ飴とタバコをもらったようである。

このような事実を隠そうとして日本の歴史の一ページから削除しようとする人もいるようだが事実は事実として受け止めるべきではないであろうか?

この記事を読むと戦争が沖縄に残した傷跡は非常に深そうである。決して眼をそむけるべきではないと思う。
[PR]
by beta-endorphin | 2005-06-21 12:21 | News
私的なブロッグのために会社を首になることもあるという米国でのニュース。やはり会社への不満不平や非倫理的なことをブロッグでポストするとまずいことになるようである。

会社でブロッグのための一応のガイドラインをつくろうとしているところもあるようである。私的なブロッグをボスがチェックしはじめると要注意かもしれません。
[PR]
by beta-endorphin | 2005-06-17 12:03 | News
医療関係の話はできるだけ避けているのだがこの記事だけは取り上げたい。
NY TIMESが2000年にUSマーケットから販売停止で姿を消したPropulsidという消化器の動きを活発にする薬剤の話をとりあげている。
http://www.nytimes.com/2005/06/10/business/10drug.html?ex=1134277200&en=b2c2ad6020b8f4b1&ei=5070

この記事によるとこの薬剤の副作用と考えられる小児の死亡例が何例もでたのにFDAがすばやい規制ができずに何年も市場に出回っていたという話である。

ひどいのは12以上の臨床研究がなされていて、いずれの研究でも小児においては有効性がいかなる疾患においても見られなかったというデータがあったのに製薬会社はそれを明らかにしていなかったことである。

ということで小児にはFDAの適応がとられていなかったのに、製薬会社は小児にも使われるような宣伝とプロモーションをかなり活発にやっていたようである。

FDAがいわゆるオフレーベル適応の薬剤のプロモーションの規制をやることができなかったのがまた大きな失態である。

それどころか製薬会社のスポンサーした研究でかなりの金銭的な援助を行いそれまでにこの薬剤が小児においては効果がないというデータがあるのにそれを隠して小児の胃食道逆流症でこの薬剤は使い道があるというような結論に導かせていたようである。

このように効果がはっきりしないが重篤な副作用の可能性があり、他により安全性の確立されている薬剤があるときは、さっさと市場から取り除かれるべきなのである。

またこのようなデータがあるときは製薬会社はすべてそのデータを明らかにするように義務づけるべきなのである。
[PR]
by beta-endorphin | 2005-06-11 21:11 | News
日本の女性の社会進出が米紙に取り上げられていた。野中ともよという人はどうもキャスターをやっていたようでただの企業の宣伝のためというような見方もあるようであるが、もう一人のはやしふみよという人の方は本当に実力でCEOの座を射止めたようである。

日本のウエッブサイトでもこのはやしという人の記事は読んだような気がする。

外資系の会社のほうが女性にとってはチャンスは多いようである。

日本を離れてもう10年以上たつので日本の女性も変わったのかもしれないがどうも米国の女性とくらべて、一般に日本の女性の控えめさから考えるとCEOというリーダーシップが非常に必要とされる仕事にはどうもピンとこない。

多分米国とは違ったタイプのリーダーシップなのであろう。

http://yahoo.usatoday.com/money/world/2005-06-07-japan-ceo-usat_x.htm?csp=1

いずれにしても日本の女性にも頑張ってほしいものである。
[PR]
by beta-endorphin | 2005-06-09 13:10 | News

Ashkenazic Genes

米国に来たばかりの頃はNew Yorkのユダヤ系の病院で働いていたが今日のNY Timesにユダヤ人のTay-Sachsなどの疾患群はユダヤ人がヨーロッパ各地で生き残るためにでインテリジェンスのレベルを増していく過程ででてきた副産物ではないかというリサーチが発表されたという記事がでていた。

http://www.nytimes.com/2005/06/03/science/03gene.html?


ちなみにユダヤ人はアシュケナジー、セファディック、オリエンタルに分けられるそうである。またノーベル賞をとった27%がユダヤ人でありIQが140以上ある人の割合もユダヤ人で非常に高いようであるが、これはユダヤ人がヨーロッパ各地でいろいろな差別をうけ、金貸しなどの職業にしか就けなかった過程で得られた特殊な才能であるらしい。

この記事を読むとともに働いたユダヤ系アメリカ人の様々な顔が思い浮かんでくる。
[PR]
by beta-endorphin | 2005-06-04 09:15 | News

Sen. Strom Thurmond

今日ジムでワークアウトを終わってソファで座ってくつろいでいたら、前のソファにteenagerの黒人と白人の女の子が親友同士なのか仲良く座っていた。

その光景をみていたら何日か前によんだ以下の新聞記事を思わず思い出してしまった。このような光景はほんの一昔前までは見られなかったことなのだと思うとなんだか感慨深かった。

以下の記事は米国の近代史に疎い私にはちょっと衝撃的であったかも知れない。

http://www.usatoday.com/printedition/news/20050127/1a_cover27.art.htm

人種差別と戦争はこの世の中からなくならないと世界のオールタイムベストセラーにも書いているようだが果たしてこの先どうなるのであろうか?
[PR]
by beta-endorphin | 2005-01-31 10:35 | News
女性の医師は自殺率が一般人の倍という統計がでているようです。
BBCのニュースで流されいます。
とくに麻酔科(7倍)、精神科(5倍)、一般医(3.5倍)に自殺率が高いようです。
どれくらい誤差があるかわかりませんが男性の医師は一般人よりかえって自殺率は低いようです。
医学にすすむ女性は成績がよく聡明で完璧主義である一方フラストレーションがたまりやすい傾向の性格であるがためではないかと考える人もいるようです。
[PR]
by beta-endorphin | 2004-12-29 08:16 | News