The most powerful endorphin to relieve your pain. From Columbia, Missouri


by beta-endorphin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ピアノのワークショップ

せがまれるので長女のピアノのワークショップについて行った。ミッドウエストでは結構有名な作曲家であるRobert Vandallという人が講師であった。

10人ほどの子供たちが彼が作曲した練習曲を次々と弾いていき、そのあとでミニレッスンという方式であったが、彼の教授法はなかなか卓越したものであった。



素人の耳で聞いても、やはり技術にある程度の差が分かるものだが、どんな下手な子供でも、まず必ず褒める。緊張している子供が多いかったが、彼はやはりこの道のプロで、子供の扱い方もかなりなれているように見えた。

緊張をある程度取った後で、どこを直せばいいか、それが右手と左手のバランスだったり、強弱のつけ方、鍵盤のたたき方であったり、呼吸による間のとり方であったり、それぞれのレベルに合わせて的確に指導していく。

ちょっとした彼のアドバイスの後でどの子供の弾くピアノの聞こえ方が違うのが素人の私にもよくわかった。

最後のまとめとして、全体のグループとしてまた褒める。これでグループとしてさらにやる気を促せるのに大きくインパクトを与えるのである。

褒めて、直してまた最後に褒めるというのは米国の教育方法の常套手段の一つであるが、彼ピアノの教授法においてそれを非常にうまくやっていたのである。話し方のトーンやジョークまたは子供の扱いのいずれにおいても、かなり卓越した部類に入るであろう。

ということで思わぬところで自分の仕事にとっても大きなヒントや示唆を与えてもらったわけである。

以下は夏中楽しませてくれたハチドリ。もう秋なのでそろそろ南の方に移住するころである。2家族いるが、それに足長バチも含めて、仁義なき縄張り争いが毎朝裏のデッキで繰り広げられているのである。 写真のハチドリはいずれもメス。メスのほうがいつも腰をすえて砂糖水をすっているようである。
b0007353_2345616.jpg

b0007353_23462586.jpg

[PR]
by beta-endorphin | 2006-09-10 23:47 | Culture