The most powerful endorphin to relieve your pain. From Columbia, Missouri


by beta-endorphin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロの仕事

プロの真価が問われるのはこういう時なのでしょう。多分この機長は難なく仕事をこなしたあとに、ジョークの一つでも飛ばしていたに違いありません。まったく見習いたいものです。
b0007353_1202537.jpg

           理由はどうあれ・・・頭突きはいかん!





旅客機不時着、機長の判断が155人救う

 【ニューヨーク15日(日本時間16日)】米ニューヨークのマンハッタン西側を流れるハドソン川に15日午後3時半(日本時間16日午前5時半)すぎ、離陸直後のUSエアウェイズ国内線旅客機が不時着した。日本人2人を含む乗客、乗員計155人は全員救出され、死者・行方不明者ゼロ。左右のエンジンに鳥が吸い込まれたことが原因とみられるが、空軍出身のベテラン機長の熟練した操縦技術と冷静沈着な判断が、「ハドソンの奇跡」を導いた。

 不時着したのは、USエアウェイズのエアバスA320。15日午後3時26分、ニューヨークのラガーディア空港からノースカロライナ州シャーロット空港に向け離陸した直後、ガンの一種とみられる鳥の群れに突っ込んだ。左右のエンジンに鳥を吸い込んだとみられ、飛行に異変が生じた。

 サレンバーガー機長(57)は、推進力の低下から飛行継続不可能と判断。高度約900メートル。機長は管制に「ダブル・バードストライク(鳥衝突事故)だ」と連絡し、エンジンから炎が出る中、機首を南に急旋回した。ハドソン川上空をグライダーのように滑空。徐々に高度を下げ始めた。

 機長は乗客に「衝撃に備えてください」と冷静にアナウンス。乗客は全員、前かがみで無事を祈った。同3時31分。機体は機首を少し上に上げ、滑走路に着陸したかのように、スムーズにハドソン川に不時着した。恐怖の5分間だった。

 現場付近は当時、時折雪が舞い氷点下7度前後。着水直後、機体は上半分を水面に出して浮かんだが、米沿岸警備隊の監視船などが急行。乗客は翼の上を歩いたり救命ボートに乗り、沿岸警備隊の船や通勤フェリーなどに収容された。幼児を含む乗客150人、乗員5人の計155人全員が無事救出。手当てを受けた78人も大半は軽傷だった。

 現場はマンハッタン中心部タイムズスクエアから約2キロで、ロックフェラーセンターなど高層ビル街からは数百メートル。1歩間違えば大惨事だった。米国では「ハドソンの奇跡」といわれ、機長への称賛の声が高まっている。会見したブルームバーグ・ニューヨーク市長(66)は「プロの仕事だ」と機長を評価した。

 機長は、元米空軍戦闘機のパイロットで、同社勤務29年のベテラン。航空安全コンサルティング会社代表やカリフォルニア大バークレー校の客員教授も務める、航空事故のスペシャリストだ。警察関係者は「機長は不時着の後、制帽を被ってフェリーのターミナルに座り、何ごともなかったかのようにコーヒーを飲んでいたよ」と証言した。

 また機長は着水後、全員の避難を確認するため、沈みゆく機内の通路を落ち着いて2度行き来し、最後に英雄のように機外に姿を現した。終始沈着冷静で、ある救助作業員は「彼は完全無欠だった。非常にかっこよかった」。
[PR]
by beta-endorphin | 2009-01-17 11:47 | News